岡田 紫峰(雄志) OKADA SHIHOH(YUJI)

漆歴

近影

1948 京都に生まれる
1967 京都市立日吉ヶ丘高等学校・美術工芸課程漆芸科卒、最高賞受賞
1969 漆芸家・伊藤裕司氏(日本芸術院会員)に内弟子師事
1970 京都府工芸美術展に初出品初受賞、 以後創作活動を始める
1972 独立し「岡田雄志漆芸アトリエ」設立、本格的創作活動に専念   
     日展・日本現代工芸美術展・京展・京都府工芸美術展等の公募展
     個展・グループ展・企画展で作品発表を続け、各展覧会の会員および委嘱会員となる
     各展覧会において会員賞、知事賞、市長賞、等の受賞多数
1985 京都市立銅駝美術工芸高等学校に奉職、後進の指導に当たる
1987 京展・審査員    1993も京展・審査員
1988 日本現代工芸美術展・審査員
1995 以後、全国公募展への作品発表を停止
1999 アメリカ・ニューヨークのアートフェステバルに乾漆作品3点を展示
     以後、アメリカを中心に海外で作品発表を始める
2003 京都市立銅駝美術工芸高等学校を退職、創作活動と漆芸品修復に専念
     ドイツ、アメリカ、イギリスから研修生を受け入れ指導
     アメリカ・ヨーロッパ諸国からの作品制作および漆器修復依頼が本格化する
2006 漆芸工房・漆芸修復所を「紫雲」と改称
     日本博物館協会・個人会員になる
      ICOM (International Council of Museums)
      ICOM-CC(International Council of Museums-Committee for Conservation)
      (世界博物館協会および修復部会会員になる)
2007 社団法人・日本漆工協会、維持会員になる
    「漆を科学する会」会員になる
2008 還暦を期に「紫峰」と号す
    (社)日本漆工協会主催「第16回漆の美展」 林野庁長官賞受賞
2010 イタリア・スイスから研修生を受け入れ指導
     京都漆器工芸協同組合員になる
2011 京漆器展 京都市長賞受賞
    (社)日本漆工協会主催「第19回漆の美展」 文部科学大臣賞受賞
     経済産業大臣指定、伝統工芸士認定
2012 アメリカ・カリフォルニア,モントレーにて4ヶ月展覧会開催
     イギリスから研修生を受け入れ指導
     メトロポリタン美術館、「The Rinpa Aesthetic in Japanese Art」展示(~2013まで)
     デンバー美術館「A Century of Japanese Laquer」展示(~2014)
2013 アメリカ・ニューヨーク、Nippon Club/The Nippon Gallery にて6点展示
     アメリカ・ニューヨーク州立大バッファロー「Asian Lacquer Symposium」デモンストレーション
     京都精華大学 特別講座「京都の伝統美術工芸」講師 ~ 以後講師継続
2015 琳派400年記念「現代作家200人による日本画・工芸展」
    (社)日本漆工協会主催「第22回漆の美展」最高賞・ 農林水産大臣賞受賞
2016 創立70周年記念「京都工芸美術作家協会展」
    「国際現代漆アート展覧会」招待(韓国)
2017 第7回国際伝統芸術展(中国・上海)
     シャネル(パリ)とハイジュエリーのコラボレーション制作
     京都府 「京の名工」認定
2018 世界漆盒展「漆箱の秘密」(中国・北京)
     劉海粟美術館「京都の工芸」(中国・上海)
     明治神宮 奉納漆器瀬作奉納
2019 アジア漆器芸術展 (中国・上海)
     第8回国際伝統芸術展(中国・上海)
     北京「日本伝統工芸展」(中国・北京)
      

美術館収蔵 メトロポリタン美術館(USA) ボストン美術館(USA)
      ニューオリンズ美術館(USA) フィラデルフィア美術館(USA)
      デンバー美術館 3点(USA) ミネアポリス美術館(USA
      上海藝術禮品博物館(中国) 清水三年坂美術館(京都)

所属    京都工芸美術作家協会会員・副理事長
     日本漆工協会会員
     ユネスコ・世界博物館協会会員    日本博物館協会会員
     京都産業21会員          「漆を科学する会」 
     CHANEL(フランス・パリ)専属契約作家

1948 Born in Kyoto
1972 Begins exhibiting in public shows : Nitten
   Japan Contemporary Arts and Craft Exhibition. Among others
1985 Instructor at the prestigious Kyoto city Doda school of Arts and Crafts 
1987 Examiner at 39th Kyoten Exhibition
1988 Examiner at Japan Contemporary Arts and Craft Exhibition
1995 Ceases to submit works to open-call exhibitions
1999 New York Antiques Festival
   Begins showing works abroad primarily in the United States
2003 Resigns from the Doda school
   Begins private instruction of apprentices from the U.S.A, Germany a,
2006 Opens lacquer studio ‶SHIUN″
   Member of ICOM(International Council of Museums),
   ICOM-CC(International Council of Museums-Committee Conservation)
2008 16th Urushi-bitten Prize from Secretary of Forestry Agency
2010 Accepts trainees from Italy, Switzerland
2011 19th Urushi-bitten Prize from the Minister of Education, Culture, Sports,
   Science and Technology
2012 Exhibition holding (United States and California Monterrey)
   Accepts trainees from U.K
   The Metropolitan Museum of Art [The Rinpa Aesthetic in Japanese Art]
   Denver Art Museum [A Century of Japanese Lacquer] (~2014)
2013 Asian Lacquer Symposium 2013 (Buffalo State College)
   Exhibition at The Nippon gallery (N.Yat the Nippon club)
   Exhibition at Burchfield Penney Art Center
2015 22th Urushi-bitten Prize from the Minister of Agriculture, Forestry and
   Fisheries Celebrating [400 years Rinpa] An exhibition of the works of
   200 Kyoto artists
2016 International Contemporary Urushi Art Exhibition (Korea)
2017 7th International Invitational Exhibition of Traditional Fine Arts(China・Shanghai)
2018 Liu Haisu Art Museum Exhibition [Kyoto Arts and Crafts] (China・Shanghai)

Public collection
 The Metropolitan Museum of Art (U.S A) Museum of Fine Arts Boston (U.S.A)
 Denver Art Museum [3pices] (U.S.A) Philadelphia Museum of Art (U.S.A)
 New Orleans Museum Art U.S.A) Minneapolis Institute of Art (U.S.A)
 Shaghai Art Collection Museum (China) Kiyomizu sannenzaka Museum (Japan)
Art Society Memberships
 Kyoto Arts and Crafts Artist Association vice chief director
 ICOM;ICOM-CC ;ICOM-JAPAN
 Japanese Lacquer ware (Nihon=sikkoh)Association Lacquer Science Society